過去の「本の泉」

個人向け電子出版のご案内

『ねことじいちゃん』

2017本の泉『ねことじいちゃん』3巻/ねこまき/KADOKAWA/1,100円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
ねことじいちゃんの最新刊!
元小学校の先生で街の人達には「先生」と呼ばれ親しまれている大吉じいちゃん。
2年前に妻に先立たれてから猫のたまと2人暮らし。
[ 続きを読む ]



『「罪と罰」を読まない』未読者集合!読まずに読む、最高にエキサイティングな読書会、ここに開会!

366『「罪と罰」を読まない』/岸本佐知子・三浦しをん・吉田篤弘・吉田浩美/文藝春秋/1,550円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
タイトルと著者(=読書会メンバー)を見て、「あ、これ絶対面白い」と思い、即買いしました。

ドストエフスキーの『罪と罰』を読んだことのない4人が集まり、わずかな手がかりと「謎の影絵(!)」を基に、大胆にも『罪と罰』を読まずに、内容を推理し、語り合ってしまおうという、とんでもない読書会。
[ 続きを読む ]



本に関わる事ならどこへでも!頼もしいおじさん三人組『本の雑誌おじさん三人組が行く!』

おじさん三人組『本の雑誌おじさん三人組が行く!』別冊本の雑誌18/本の雑誌編集部/本の雑誌社/1,800円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

本の雑誌社の精鋭おじさん3人(そもそも男性社員は3人のよう)が、出版社やブックカフェ、古本屋さんに突撃!

『本の雑誌』で2010年に始まった連載が1冊にまとまりました。
『本の雑誌』の偉大なる先輩たちに追いつき、追い越す為に、経費削減で会社存続の為に、3人のおじさんは、333号の時には東京タワーの階段を登り、350号では350gのハンバーグを食べつつも、常に本を取り巻くアレコレに果敢にアプローチしています。
[ 続きを読む ]



かわいいだけじゃない 猫と暮らすリアルを描いた人気コミック『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』

543『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』2巻/鴻池剛/KADOKAWA /1,000円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
作者・鴻池さんが飼っている猫との暮らしを描いた人気ウェブ漫画の書籍化第2巻です。
[ 続きを読む ]



『うつヌケ』大切なのは「知る」事だと。

708『うつヌケ』/田中圭一/KADOKAWA/1,000円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
パロディ漫画の大家として名高い著者が、自身の体験や同様に苦しんだ人々と真摯に向き合い、「うつ」を抜けるヒントをコミックエッセイとして生み出した力作。

毎回様々なゲストが登場し、その方の「うつ」に至った経緯や抜け出したきっかけをインタビュー形式で丁寧に描いています。
[ 続きを読む ]



『岳飛伝』読み始めたらイッキ読み!

gakuhiden『岳飛伝 1 三霊の章』/北方謙三/集英社文庫/600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す


>> 以前このブログで紹介したことがある 北方さん水滸伝の、第三部となる作品です。


金国や南宋、梁山泊の移り変わる緊迫した情勢も面白いですが、その中で人間はどのような思いを抱え、どのような決断をするのか。
細かい人間ドラマに引き込まれます。

[ 続きを読む ]



『ひらがなでよめばわかる日本語』日本語の素朴な疑問に答えてくれる本。

ひらがなでよめばわかる日本語

『ひらがなでよめばわかる日本語』/中西進/新潮社/430円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
「お母さん、お父さん、目はなんで「め」っていうの?」
ことばを覚え始めた子供の頃私たちが抱いていた素朴な疑問に、ひとつの答えをくれる1冊。

自分たちが常日頃当たり前に読み書きし、口に出している母国語、日本語。
成長するにつれ「そういうものだ」とよくわからないままに納得している言葉はありませんか?
民俗学者の柳田國男は、「どんな漢字で書くのか」を気にしてしまう事を「どんな字病」と名づけ警告したと言います。
元々漢字というのは中国から持ってきた言葉ですから、「目」と「芽」など同音異語の多い日本語を明確に区別・断定し便利な反面、日本古来の言葉の意味が薄れてしまうと言うのです。

[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…>>HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
>>ご利用ガイド >>規約
ご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16
http://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.