過去の「本の泉」

個人向け電子出版のご案内

【第11回私がおすすめする本たち】ただいま製作中!-ほんやさんに〇〇たよの巻

いよいよ完成が近づいて参りました「私がおすすめする本たち」。
今年も面白い企画が目白押しです。

先週ご紹介した特別企画だけでなく、有隣堂のスタッフ6名が自宅の本棚を
こっそり紹介してくれる「本棚とわたし」や入手困難となった作品の中から
「これぞ!」というものを選び抜いて甦らせた「有隣堂“限定”復刊文庫」を
紹介するコーナーなど読み応えのある企画が盛りだくさん。

そんな中で昨年好評(?)であったため引き続いているコーナーもございます。
その名も“ほんやさんに〇〇たよ”です。
編集委員の間では“しんくん劇場”で通っています。
もともとは10号の編集会議の際、本屋の薀蓄話を載せたいという企画が持ち上がり、よりわかりやすく、親しみやすくするため小学生のしんくんを登場させたのが始まりのようです。
昨年の舞台は昭和でした。小学4年生のしんくんが街の小さな本屋さんに遊びに行き、そこのおじさんとおばさんに本について色々なことを教わります。
書店に勤めていて、普段何気なく聞いている言葉も、こうしてあらためて説明してもらうと「ほほーっ。」と思わず納得してしまうものです。

さて、今年の“しんくん”は“しんさん”となって若旦那で登場します。
近くに住むご隠居と本屋談義に花を咲かせます。
落語調で繰り広げられる二人の軽妙な掛け合いが、思わず笑いを誘います。
実は、この“しんくん”にはモデルがいるとかいないとか。
男性なのか、女性なのか?若者なのか、大ベテランなのか?
とは言うものの、書店人としての知識はちゃんと持ち合わせているはず(?)ですのでご安心ください。
どこか懐かしく、ほのぼのとした雰囲気を味わえます。
170425_1438~01
































※「私がおすすめする本たち」は5月初旬配布予定です。


文/私がおすすめする本たち編集委員(CM)





『死にたいボクと生きるキミ』ボクたちは自分の死ぬ日を知っている。

死にたいボク『死にたいボクと生きるキミ』1巻/パカチャン/マッグガーデン/571円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
医療が発達し、生後すぐ「死亡予定日」が宣告される時代。
冒頭にあるモノローグから始まる、4組のカップル(幼馴染や友達など)の10日間の物語を描くオムニバス。
[ 続きを読む ]



アイドル★ビブリオバトル&ミックスライブ in 東京カルチャーカルチャー!

ビブリオバトル×アイドル旬な人気アイドルたちが、話題の知的書評合戦ビブリオバトルに初挑戦!
意外な素顔にキュンときた!

去る2017年4月9日(日)、渋谷のニフティ直営イベントハウス「東京カルチャーカルチャー」にて「アイドル★ビブリオバトル&ミックスライブ!」を開催しました。
ビブリオバトルとはおすすめ本を紹介しあい、参加者全員の投票で「一番読みたくなった本=チャンプ本」を決定するコミュニケーションゲーム。
「人を通して本を知る、本を通して人を知る」をキャッチコピーに全国で取組が広がっています。

今回はアイドルの皆さんに「◯◯が好き、ほんとはね...」というテーマに沿って、お気に入りの本をご紹介頂き、本を通してその素顔をちょこっと覗かせて頂きました。[ 続きを読む ]



『キトラ・ボックス』 古代飛鳥から現代瀬戸内の島へ風がわたるミステリ

kitra『キトラ・ボックス』/池澤夏樹/KADOKAWA/1,700円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
ミステリは謎解きなので、事件や問題が起きる。
その性質上、読後謎が解けた達成感はあっても、心が開けて晴れやかな気持ちになるということは少ないと思う。でも、これはそういった珍しい読後感を持つミステリだ。

考古学ミステリである。飛鳥時代、日本が国の形を整えつつあった時、それに必要な知識を命の保証もなく、唐に学びに行った人々の遺物。
[ 続きを読む ]



『この闇と光』愛か憎しみか、嘘か誠か

381『この闇と光』/服部まゆみ/KADOKAWA/560円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
この物語の主人公レイアは、一国の王を父に持つ盲目の王女。
国内で起こっている混乱から身を守る為、父王とひっそりと暮らす毎日。

彼女の身近にはもう一人、彼女の世話係であるダフネがいた。
何故か彼女は、レイアを憎んでいる。

[ 続きを読む ]



『タイムライン』本も内容も大スケールです。

timeline『TIMELINE 地球の歴史をめぐる旅へ!』/ピーター・ゴーズ/フレーベル館/2,800円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
判型も大型ですが、内容もスケールの大きな本です。
最初のページは何と137億年前のビッグバン!
宇宙の始まりからストーリーが始まります。
[ 続きを読む ]



『アウトサイダー 陰謀の中の人生』

アウトサイダー『アウトサイダー 陰謀の中の人生』/フレデリック・フォーサイス 黒原敏行/KADOKAWA/2,000円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
映画化された『ジャッカルの日』で世界的なデビューを果たし、『オデッサ・ファイル』『戦争の犬たち』などベストセラーを送り出した国際謀略小説の巨匠、フレデリック・フォーサイスの自伝。

『ジャッカルの日』の印税で赤道ギニアでクーデターを起こそうとした!?
との話もあるフォーサイスとはいったいどんな人物なのだろうか?

幼少期を過ごしたアシュフォードでの空軍パイロットへの憧れ、フランス、ドイツで過ごした少年期など後のジャーナリスト、小説家としての核を成しているといってもいいだろう。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…>>HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
>>ご利用ガイド >>規約
ご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16
http://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.