本の泉ロードス島戦記『ロードス島戦記 新装版 灰色の魔女』/水野良/KADOKAWA/640円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
「ロードスと言う名の島がある」そんな序文から始まる、日本ファンタジーの草分け的な小説、ロードス島戦記が25年の刻を経て大幅加筆してリニューアルされました。

当時、多くの少年少女を魅了した、剣と魔法の物語。

呪われた島と呼ばれる、辺境の島。そこで、父の名誉を信じる青年が、神の奇跡を伝える親友が、帰らずの森を飛び出したエルフが、己の信念を貫こうとするドワーフが、自らの星を探す魔術師が、世界を羨む盗賊が、運命の下に出会い、惹かれ、冒険へと誘われる。

『戦記』の名の通りに戦争が背景となりますが、主人公の青年パーンの成長を描いた冒険活劇でもありますので、『戦記』と言うだけで敬遠していた方にも是非読んでもらいたい作品です。

25年もの間、愛されて読まれ続けているだけの感動が、そこにはあります。
初めて読む人には壮大な冒険のトキメキを、当時読んでいた人には懐かしい再会をきっと与えてくれますので、是非ロードス島へ旅立ってみて下さい。

そしてロードス島が気に入ったら、前日譚の『ロードス島伝説』、後日譚の『新ロードス島戦記』、今月発売したばかりのコミック版『ロードス島戦記 灰色の魔女』も読んでみて下さい。
より深くロードス島が楽しめること請け合いです!

文/ 伊勢佐木町本店・AH

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------