野良猫を尊敬した日『野良猫を尊敬した日』/穂村弘/講談社/1,400円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

穂村弘さんといえば、現代を代表する人気歌人だが、エッセイストとしても活躍中。
私は穂村さんのエッセイが大好きで、全作品ではないけれど、手に取ってみることが多かった。

読んだ作品のほぼすべてが穂村さんの「ダメっぷり」が書かれているのに、悲壮感はほとんどゼロ。
それでいて、表現に絶妙な面白さがあるためか、読んだ後はずいぶんと明るい気持ちになれた。
今回の作品は、待ちに待った最新刊。お店で本を見つけた時は、うれしくて思わず手を伸ばした。ページをめくれば、やはり自意識の暴走が止められず、気弱な穂村さんの相変わらずな「ダメっぷり」が書かれている。その「ダメっぷり」は、私自身に重なる部分が結構多かったので、共感したり、笑ってしまったり…。

穂村さんの会社員時代や、今は亡きお母さんに関するエピソードに時々切なくなりながらも、最後まで楽しく読むことができた。

タイトルにある「野良猫」の登場シーンが思いのほか少ないので、猫好きな方にとっては残念と感じるかもしれないが、読んでみて決して損はない1冊。

生きるのに少し窮屈になった時、ぜひ手に取ってみてほしい。
穂村さんの独特な世界に触れてみることで、読後はきっと、心がラクになっているはず・・・だと思う。

文/ 淵野辺店・KH
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------