547『トモダチ作戦 気仙沼大島と米軍海兵隊の奇跡の“絆”』/ロバート・D.エルドリッヂ/集英社 集英社文庫/560円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
あの東日本大震災から7年。
米軍海兵隊の「トモダチ作戦」を覚えているだろうか?

震災直後のテレビで報道されたこともあったが、その詳細は知られていなかった。
今回、文庫書下ろしで「トモダチ作戦」の立案者エルドリッチさんがその経緯を語ったのが本書である。


もともと気仙沼市大島は本土との橋がない島で交通手段は船やフェリーのみ。そのフェリーも大津波で陸揚げされてしまった。
孤立してしまった大島の救援に派遣されたのが第31海兵遠征部隊だった。

外部との交通が遮断され無数の瓦礫が散乱した状況で、救いの手を差し伸べる海兵隊に島民は涙を流して感謝する。
その後、部隊と島民の人々が協力して行った救援活動、復旧作業を経て、さらに被災者の心のケアとして『ホームステイプログラム』へと交流が深まっていき、その関係性は震災後数年を経っても強い絆として残っている。

本書では海兵隊の史上最大級の救援作戦の詳細とともに、東北地方の小さな島『大島』と部隊との間に生まれた涙をなくしては語れない奇跡の物語を綴っている。

文/ 新百合ヶ丘エルミロード店・YD

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------