okane20『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』/佐藤航陽/幻冬舎/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
amazon総合1位、20万部突破のビジネス書のベストセラー。
本当によく売れています!
でもまだ読んでいない人にはぜひ一度手にとっていただきたい一冊です。

著者は株式会社メタップスの代表取締役の佐藤航陽氏。

テクノロジーでお金と経済のあり方を変えるという理念を掲げるIT企業の経営者です。

本書は単なるお金や経済の本ではなく、もうすでに起こり始めている未来の社会の話であろうと思います。

国家の発行する通貨を銀行が管理する中央集権的な構造がテクノロジーによって変わりつつあります。

シェアリングエコノミー、トークンエコノミー、ビットコインなど分散化されたシステムへの変化です。

これらがより普及すれば小さな複数の経済圏が登場し自分に適した経済を選んでいけばいいし組み合わせてもいい。

経済は選べばいい、複数の経済圏に生きる安心感と著者は言うのです。

中央集権化から分散型へ。

そして限界を露呈し始めた資本主義。

資産経済の肥大化により資本主義上のお金というものが現実世界の価値を正しく認識出来なくなっている。

お金にならないけど価値のあるものって存在する。

今後は可視化されたお金などの資本に変換される前の価値を中心とした世界に変わっていくであろう。

お金や経済の民主化と著者は言うのです。

資本主義から価値主義へ。

もうすでに起こり始めている未来。

テクノロジーによって個人で通貨を発行して経済システムを作リ出す。

テクノロジーによって国家の機能を代替させて新たな国家を作り出す。

そしてAR、VR、MRによって現実も選んでいく。

それによって自分が一番居心地のいい世界を選んでいく時代。

すごい話ではないですか。

文/ アトレ亀戸店・J.I

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------