最前線の映画を読む『「最前線の映画」を読む』/町山智浩/集英社インターナショナル インターナショナル新書/760円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
著者 町山さんの本をはじめて読むなら、新潮文庫『〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀』が良いのだけれど、取り上げている映画が少し古いので、最近観た映画で気になっているものがあるならこちらを読むことをお奨めします。

たとえば『ブレードランナー2049』『エイリアン:コヴェナント』『ラ・ラ・ランド』『沈黙 ‐サイレンス‐』『哭声/コクソン』『サウルの息子』など、ハリウッド映画だけではなく、様々な国の最近2年ぐらいの期間に日本で公開された映画20本について解説しています。

町山さんの解説は、映画を観ていただけでは気づかないことや、なんとなく感じたけどはっきりとわからなかった事を教えてくれます。
映画をもっと知りたくなったときに読むと最適だと思います。

もちろんネタバレもあるので、映画を観る前ではなく、必ず観た後に読むようにしてください。

文/ ヨドバシAKIBA店・HI
 

『ブレードランナーの未来世紀』
町山智浩/新潮社 新潮文庫/670円+税
HonyaClub詳細 在庫検索


2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------