550『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』/くどうみやこ/主婦の友社/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
著者はライフプロデューサー・トレンドウォッチャーという肩書の女性。

自身は既婚者だが、子宮頸がんにより子宮を全摘出。
それにより子供が産めない体になる……。
「産めない」と「産まない」は似て非なり。

「産めない」現実を少しずつ消化した著者は
子どもがいなくても幸せに暮らせる社会にしたいと考えた。
子どもがいない人生を深堀りするために
子どもがいない様々な女性達の本音意識調査を実施。
各分野の専門家からの見解をもらい人生を好転させるヒントを示した。

子どもがいないことは決して恥ずかしいことではない。
子どもがいなくても「他の生き方があるのではないか?」と
誰しもが思いめぐらせてしまう瞬間がある。
ママ向けのマニュアル本は沢山あるのに、逆は……。
子どもがいない女性向けの指南書として先駆けになると思う。

子どもがいないながらも楽しい人生を歩んでいけるように
読んでもらいたい1冊である。

文/ アトレ目黒店・A.S


2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------