109『真実の10メートル手前』/米澤穂信/東京創元社 創元推理文庫/680円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
「ところで目とは、そこにあるものを見るための器官ではありません。」
『氷菓』などの古典部シリーズでお馴染み、米澤穂信先生のベルーフシリーズの1作品で、全6編の短編集です。

この作品は前作扱いの『王とサーカス』詳細 の主人公、大刀洗万智がフリージャーナリストとして歩み始めた物語になっています。
大刀洗万智が小さな事件の一つ一つを解決していくミステリ物なのですが、本人視点の話が一つしかないのが特徴の一つですね。
事件が解決しても清々しく終わらない話が多い米澤先生らしい作品です。

前作を読まなくても楽しめる作品ですのでぜひ手にとってみて下さい!
主人公では無いのですが大刀洗万智の学生時代を描く『さよなら妖精』詳細 という作品もおすすめです。

文/ 錦糸町テルミナ店・IK
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------