106『ちいさいおうち』/バージニア・リー・バートン/岩波書店/800円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
静かで自然豊かな町に、ちいさいおうちがたっていました。
時がどんどんとたち、道路ができ、まわりにはおおきな家、工場があらわれます。
そして、地下鉄もあるたくさんの人の住む町に。
最初のうちは、変わっていく町がどんどん便利になり楽しく思っていたちいさなおうち。
でも……なんだかだんだん息苦しく、つらくなってきました。

思い出すのは、ヒナギクの花の咲く丘。
昔のように暮らしたい。
そんな思いが届き最後には、昔のような田舎に引っ越すことができ、幸せになりました。

多くの方が知っている、バ-トンの名作。
大人になってあらためてお読み下さい。

美しい水色の表紙、石井桃子さんの訳も見逃せません。ほっとした、気持ちになってしまいます。

文/ STORY STORY(小田急百貨店新宿店本館10F)・M・I
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------