hasami『ハサミ男』/殊能将之/講談社 講談社文庫/750円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
殊能将之のデビュー作。
 
舞台は2003年の東京。
女子高生2人が同様の手口で殺害される事件が発生していた。
2件とも被害者の喉にハサミが深く差し込まれていたことから、
マスコミは犯人を「ハサミ男」と命名。
ハサミ男は連続猟奇殺人犯として世間の耳目を集めていた。

一方、ハサミ男は3人目の犠牲者を選び出し、入念な調査を行なっていた。
しかしその調査の中で、自分の手口をそっくり真似て
殺害された犠牲者の死体を見つける事となる。
 
先を越されてしまったハサミ男は、誰が殺害したのか、
なぜ殺害したのかを知るため調査を開始する。
 
切り替わる視点、終盤に近付くにつれて明らかになっていく真実、読み終えた時のスッキリ感。
是非、予備知識なしで読んでほしい作品です。
 
文/ シャポー小岩店・Y.K

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------