788『友を待つ』/本城雅人/東京創元社/1,800円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
窃盗容疑で逮捕された元週刊誌の敏腕記者。
黙秘を続ける彼は「友を待つ」と一言だけ言った。
その友とは10年前に共にスクープを追った相棒で、現在は家具職人をしていた。
なぜ10年前の相棒を待つのか?
読み進めていくと、同期、上司、部下との男同士の友情と信頼に心を打たれる。
最後に「友を待つ」その意味が分かった時、驚愕し、そして最初からもう一度読みたくなる。
ミステリーを越えたヒューマンドラマとしてもお勧めの一冊である。

文/ ららぽーと海老名店・TA
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------