島とクジラ『島とクジラと女をめぐる断片』/アントニオ・タブッキ:著 須賀敦子:訳/河出書房新社/740円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
大西洋に浮かぶ火山性群島、アソーレス(アゾレス)諸島の島々とクジラにまつわる、
まさに断片という表現がぴったりの、様々な文章で構成された本です。

昔日の捕鯨基地の面影を偲ばせる文章と、
現代のリゾート地の側面を題材に取った文章。

「まえがき」にあるように、虚構と現実のあいだを揺れ動くような
不思議な読後感でした。


海、船、島、クジラ…そうしたキーワードからなる本書は、
暑かったこの夏を振り返るのに相応しい作品だと思います。

文/ アトレ大井町店・HT

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------