139『ジャッジメント』/小林由香/双葉社 双葉文庫/620円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
20XX年、凶悪犯罪が増加する日本で新しい法律「復讐法」が生まれた。
「復讐法」は犯罪者から受けた被害内容と同じ事を合法的に刑罰として執行できるものだ。

被害者の家族などはこの法律が適用された場合、旧来の法律で裁くか復讐法で裁くかを選択できる。
そして復讐法執行者の保護、執行現場の観察などを行う仕事が応報監察官である。
 
応報監察官の鳥谷文乃が5つのケースの執行を見届ける中で、復讐をすることが果たして正しい事なのかと悩み、ある行動を起こすのである。

大切な人が殺されたときあなたは復讐を選びますか?
私は理性を失うと思います。

文/ アトレ新浦安店・HA
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------