nobu『異世界居酒屋「のぶ」』/蝉川夏哉/宝島社 宝島社文庫/650円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
「いらっしゃいませ!」
「…らっしゃい」

居酒屋「のぶ」は、京都の寂れた通りに店を構えたごく普通の居酒屋である。
ある一点を除いては。

なぜか正面入口が異世界へと繋がってしまっているのです。

衛兵、職人、商人、貴族……
誰でも気軽にちょっと一杯。

「トリアエズナマ」を片手に「ワカドリのカラアゲ」で舌鼓。

「臭くなくて辛くなくて酸っぱくなくて苦くなくて固くなくてパンでも芋でもお粥でも卵でもシチューでもない美味しいもの」
という注文に出てくるものは?

ゼリー寄せにするしかない泥臭い雑魚も、タイショーにかかれば食通も唸らせる料理に。

「トリアエズナマ」の御禁制品疑惑。
最悪の場合は死罪。どうなる居酒屋「のぶ」!

皇族も貴族も商人も職人も、身分に関係なく、
おいしい料理と食事の時間は、みんなを笑顔にしてくれます。

今日も通常通り営業中です。

文/ センター南駅店・Y.K

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------