yubiwaソロモンの指環 動物行動学入門』/コンラート・ローレンツ:著 日高敏隆:訳/早川書房 ハヤカワ文庫NF/740円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
タイトルは難しそうですが……?

動物が好きな人なら知っているかもしれない「刷り込み」という現象の研究でノーベル賞をとった、コンラート・ローレンツ博士が著者。
元々かなり古い本なのですが、1998年に文庫化され、NHK「100分de名著」でも紹介されました。
絨毯に染みをつけられた、噛み砕かれた虫を口や耳に押し込まれた、動物の為にとても恥ずかしい思いをした、というエピソードが多いです。
それでも動物が好きな著者はそれを受け入れて、なぜそのような行動をするのかを観察します。

タイトルからは、とても硬い内容だと思われるかもしれません。
が、日々の体験がエッセイ風に書かれているので軽く読める上に、一章一章が短いのでちょっとした時間でもキリよく読むことができます。
中でも「なにを飼ったらいいか!」の章はオススメです。

著者はゴールデンハムスターを室内ペットとして最高の評価をして放し飼いにしていたのですが、他の動物同様に事件を起こしていたことが後書きで明らかになります。

ぜひ後書きまで読んでいただきたい作品です。

文/ センター南駅店・K.E
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------