635新・所得倍増論 潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋』/デービッド・アトキンソン/東洋経済新報社/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
「日本は先進国でもっとも生産性が低く、もっとも貧困率が高い」

衝撃的な文章で始まるこの本の著者は、ゴールドマン・サックスから、創立300年 国宝や重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に転身したイギリス人 デービッド・アトキンソンです。
この本は日本人にとって目をそむけたくなるような現実を突きつけます。

日本の生産性:先進国最下位(世界第27位)

1人あたり輸出額:世界第44位

1人あたり製造業生産額:G7平均以下

こんなに「勤勉な」お国柄なのに、生産性が最下位なんて信じられますか?
でも、現実は「高い潜在能力を発揮できていない」ため、生産性が低いのです。
日本経済の実績を「人口」と「生産性」に分けて考えると、「経済大国という妄想」が浮き彫りになります。

著者は日本を愛すればこその提言を行っています。
今こそ彼の話に耳を傾け、現実を直視し、一人一人が自分の「働き方」を考える時ではないでしょうか?

文/ アトレ川崎店・MM


2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------