179『東京百景』/又吉直樹/ヨシモトブックス ワニブックス/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

『火花』『劇場』に続く作品が待ちきれなくて、既刊のエッセイを手にとった。

百景というくらいだから、一から百まで番号がふられている。
長さがまちまちなのがいい。どっから読んでも問題ない。
ニヤリとしたり、吹き出したり、なんてことなかったり、突然物悲しくなったり、その緩急がとてもいい。

ほとんどが1~4ページくらいの話の中に、9ページも割いている回がある。
その「七十六 池尻大橋の小さな部屋」が、小説『劇場』の元になった話なのはすぐにわかった。
一気に引き込まれて、切なくて、美しくて、電車の中で泣きそうになった。

「六十一 阿佐ヶ谷の夜」では、西加奈子さんが「近い将来、みんな又吉さんに帯書いて欲しいって言うてくるよ」(P.173)としっかり予言していて、楽しかった。

又吉さんはきっとすごく優しいのだ。
そして恐ろしく自意識過剰で繊細で時に嘘つきで、時にバカ正直だ。
そんな複雑な芸人作家の紡ぐ文章は、私の中のあらゆる感情を引き出してくれる。
そして気持ちが澄んでくる。

ゆっくりと読了した後、なんだか離れがたくて、また最初から味わっていた。
私も東京を、そして住んでいるこの街を、もっともっと感じてみよう。

文/ 新百合ヶ丘エルミロード店・YM


『火花』
又吉直樹/文藝春秋 文春文庫/580円+税
HonyaClub詳細 在庫検索

『劇場』
又吉直樹/新潮社/1,300円+税
HonyaClub詳細 在庫検索

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------