738『奇面館の殺人』/綾辻行人/講談社 講談社ノベルス/1,280円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
タイトル通り、この作品の館には数多くの仮面があり、また館の主人が「表情」を嫌うため、この館に招かれた人間は、「鍵のかかる仮面」を付けて過ごさなければならない。
その中で起きる惨劇。
「吹雪の山荘」
「選ばれた人間だけが招かれる」
「中村青司が手掛けた館(必ず、何らかの隠し部屋、隠し通路が設置されている)」
「登場人物の顔が仮面で見えない」

など、ミステリー好きには堪らない要素がぎっしり詰まっています。

伝説の建築家・中村青司が建てた館で次々と不可解な惨劇が起きる、「館」シリーズの9作目。
この作品だけでも充分に楽しめますが、私としては第1作から読むのをオススメします。

文/ シャポー市川店・KN

閉店のお知らせ

有隣堂シャポー市川店は、2019/6/2(日)をもちまして閉店させていただきます。
みなさまのご愛顧に心より御礼申し上げます。

シャポー市川店の最終営業日は、2019/6/2(日)です。
近隣の有隣堂各店も、引き続きご利用くださいますようお願い申し上げます。

→ 有隣堂 シャポー小岩店 (JR小岩駅すぐ / 本・文具)

→ 有隣堂 アトレ亀戸店 (JR亀戸駅の駅ビル / 本・文具)

→ 有隣堂 錦糸町テルミナ店 (錦糸町駅 南口側の駅ビル / 本・文具)

\講談社文庫版は/
上下分冊

『奇面館の殺人』上巻
講談社文庫/740円+税
HonyaClub詳細 在庫検索
\ "館" シリーズ1作目 /

『十角館の殺人
新装改訂版』
講談社文庫/750円+税
HonyaClub詳細 在庫検索

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------