031『千住家の教育白書』/千住文子/新潮社 新潮文庫/490円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

作者の夫は大学教授。
長男・日本画家、次男・作曲家、長女・ヴァイオリニスト。
子どもたち三人は世界で活躍している有名な芸術家です。
そんな家庭の子ども達はさぞかし特別な英才教育を受けて育ってきたのだろうと思いきや、実際、本を読み進めていくと英才教育どころか作者は三人の子どもたちと真剣に向き合い、そして子育てに悩み・悲しみながらも夫からの「子供は親のものではないんだ。将来どんなことをやっても自由なんだよ」という言葉に励まされ頑張っている姿がとてもカッコ良かったです。

子育てに答えはありません。
答えがないからこそ悩み・悲しむのだと思います。
しかし、悩み・悲しみだけではなく、その先に喜びや感動があるんだと気づかされ、励みになる一冊でした。

文/ ミウィ橋本店・MH





2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------