958『神田松之丞 講談入門』/神田松之丞/河出書房新社/1,750円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

100年ぶりの講談ブームの立役者と言われる「神田松之丞」による講談の入門書です。

臨場感溢れる語り口、言葉に迫力と心地よさ。
ある日高座を耳にして魅了され、この一冊を手にしました。
「落語は基本フィクション、講談はノンフィクション。ただしノンフィクションでも脚色は自由。」と語っています。


入門書と言うだけあり、落語と講談の違い、講座の机、扇子、稽古の裏話まで楽しめます。
松之丞の全持ちネタ、連続物「宮本武蔵伝」から、一席物の「赤穂義士伝」、怪談、力士伝などオリジナル作品まで、あらすじと解説が丁寧に紹介されて、分かりやすく寄席に行く前の予習になります。
また、人間国宝 一龍齋貞水との対話では講談の歴史についての知識を得る事が出来ます。

終項に未来のシュミレーション・夢の寄席について綴られていますが、これは寄席の魅力を十分に理解している彼だからこそ語られるものであると思います。

多くの方々に講談に興味を持ってもらう入口になってほしいと願う、松之丞の熱い想いが込められた一冊です。

文/ たまプラーザテラス店・M・H

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------