219『陽炎ノ辻』 居眠り磐音 一 決定版/佐伯泰英/文藝春秋 文春文庫/730円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

居眠り磐音シリーズは、2019/10/11現在51巻まで(決定版は17巻まで)刊行されている時代小説の中でも屈指のロングセラー作品です。
この人気シリーズを、映画化と文春文庫からの決定版刊行をきっかけに読み始めました。

江戸での剣術修行を終え、藩政改革の希望を胸に帰藩する磐音、琴平、慎之介の若き三人の武士たち。
帰藩後まもなく、琴平の妹(奈緒)との祝言を翌日に控えた磐音に、琴平が慎之介を斬り殺したとの知らせが。
事件の真相を明らかにしようとする磐音に国家老より琴平の上意討ちの命が下り、本意ならずもみごと討ち取ります。
友を討ち取った磐音は悲しみを胸に脱藩し、浪人に。
半年後、江戸に流れ着いた磐音は用心棒稼業で生計をたてながら、深川の人情味あふれる人たちと新しい江戸での長屋暮らしを始めます。

物語の冒頭から主人公の磐音達を襲う悲劇。
友を討ち、許嫁を残して故郷を離れるという悲しい過去を背負う磐音の生き様と、流れ着いた先である江戸の人情味が、読んでいて心地よいのです。
まだ読んだことのないという方に、ぜひおすすめしたい時代小説です。

文/ アトレ新浦安店・H.A

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------