虹色図書館838『虹いろ図書館のへびおとこ』 5分シリーズ+/櫻井とりお/河出書房新社/1200円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

題名だけでは想像できないお話です。

この作品の背景は「真理がわれらを自由にする」という国立国会図書館の壁に掲げられている理念からきているのではないかと思います。

主人公ほのかちゃんは普通の小学生で不登校中。
もちろんこんな理念は聞いたこともありません。

あるきっかけから不登校になってしまい、行く所が無いので、近所の小さな図書館に通うようになります。
顔に緑色のあざがある職員のイヌガミさんが怖くて、毎日こっそり静かにドリルを解いていました。

ある日、イヌガミさんに「ひまなら本を読みましょう」と声をかけられ、イヌガミさんのお手伝いをしたり読書をしたり。
次第にほのかちゃんは自信を付け、他人に思いやりを持てる子になっていきます。
そして、親しくなったイヌガミさんや読書から得た知識のお蔭で徐々に学校へ行けるようになります。
見かけだけでなく、考え方も行動も違うからこそ、人は分かり合えるという事を図書館で学んだのです。

新しい年を迎えた今、皆さんもほのかちゃんの様に新しい道を進んでいきましょう!
   
文/ ららぽーと海老名店・A.T

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------