810『アフターマン 人類滅亡後の動物の図鑑 児童書版/ドゥーガル・ディクソン:著 G.Masukawa:訳/学研プラス/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

人類滅亡後5000万年……
全く異なる生態系を創り上げた地球では
奇怪でユニークな動物たちの営みが繰り広げられている。
 
約30年前に出版され、自宅の書棚の奥に今も保管されている(?)
空想動物図鑑の児童書版があるのを店頭で見つけ、手に取ってみる。
懐かしくも今読んでみてもかなり面白い!

見た感じ「なんじゃこりゃ?」といった空想上の動物が次から次へと
目に飛び込んで来ますが、「なんか見たことある…」動物も。
それもそのはず、生物の進化の過程やプレートテクトニクスといった
科学的根拠に基づいた考察を通してのものだからです。
解説文を読んでると、なるほど納得させられてしまいます。

大人も子どもと一緒に楽しく読める一冊だと思うので
ぜひ手に取ってみてもらいたいです。
人類滅亡後5000万年の地球は、はて? どうなっているのでしょう?

文/ ミウィ橋本店・YS


※ “児童書版” ではない『アフターマン』は、1990年に太田出版から、また2004年にダイヤモンド社から刊行されましたが、2020年2月現在、紙の本は絶版のため店舗ではお取扱できません。
人類滅亡後の地球、児童書版にてお楽しみくださいませ。
(本の泉スタッフ M)
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------