989『まんぷく 〈料理〉時代小説傑作選
畠中恵 坂井希久子 青木祐子 中島久枝 梶よう子 宮部みゆき:著 細谷正充:編/PHP研究所 PHP文芸文庫/740円+税
外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

珠玉の女流作家さんたちの、美味しそうな食べ物が出てくる(キーとなる)短編が六選。

餡子、鮎、煮豆、桜餅、串団子、清正人参(セロリ)、稲荷寿司。
などなど無性に食べたくなるでしょう。

御馳走が出てくるわけではないし、そもそも話の内容は江戸の市井に生きる人々の心の機微や、運命に翻弄され懸命に生きていく姿なのですが、出てくる食べ物の、情景・描写がとても巧いのでしょう。
読み終わってすぐの感想は、『あぁ○○○食べたいっ!』です。

テレビのグルメリポートをこの作家さんたちにやってもらえば、大反響間違いなし!?

文/ STORY STORY(小田急百貨店新宿店 本館10F)・JI

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------