442『僕が電話をかけていた場所』/三秋縋/KADOKAWA メディアワークス文庫 /550円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

『君が電話をかけていた場所』と上下巻にわたる16歳の夏、感動青春ラブストーリー!!
顔に大きな痣がある、高校1年生の深町陽介。

彼には小学校のころ、初鹿野唯という、とても仲が良くそして思いを寄せる一人の女の子がいた。

しかし、別々の中学校へと進学したため、小学校卒業以来、関わることは無かった。

中学卒業後、ある1本の電話が彼のもとに。

「賭けをしませんか?」と女は言った。

さらに、「初鹿野さんの心を射止めることができれば、賭けはあなたの勝ちです」と。

そして、再会した彼女には……。

上巻から結末まで目が離せない展開に引き込まれます。

文/ センター南駅店・H.T


\ 上巻相当はこちら /

『君が電話をかけていた場所』
メディアワークス文庫/570円+税
HonyaClub詳細 在庫検索

下巻相当が『僕が電話をかけていた場所』です
2冊まとめてどうぞ!

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------