954『一汁一菜でよいという提案』/土井善晴/グラフィック社/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

食事は毎日の生活で欠かせないものです。
気軽に外食に行くことも躊躇してしまう現在。
自宅で食事をする機会も多くなってきたと思います。

理想は「一汁三菜」と思っていても、実際、一日三食を毎日続けるのは大変……。
かと言って、毎日デリバリーやお惣菜を買ってきては経済面や栄養バランスが崩れ、長くは続きません。

この本では「一汁一菜」を提案。

「一汁一菜」と聞くと和食(ご飯と味噌汁の組み合わせ)なのでは?
と連想されるかもしれませんが、実はパンやパスタを「一汁一菜」の献立の一つとして取り入れることもでき、現代の生活様式に合わせることができます。

毎日のことだからこそ、無理なく気軽に続けられるのは嬉しい限りです。

文/ ミウィ橋本店・MH

2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------