NETTAI『熱帯』/森見登美彦/文藝春秋/1,700円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

誰も結末まで読んだことがない幻の本「熱帯」を巡る物語。
そして、「熱帯」のキーワードになる魔女を知った人が急に姿を消してしまうことから、
千夜一夜物語のような長い物語が始まる。

一体、「熱帯」という物語は何なのか。
何故、その本を最後まで読むことができないのか。

語り手がマトリョーシカのようにどんどん変わるので、
段々頭がこんがらがり、今は誰の視点なのか考えながら読み、
最後には、え!?となる、森見登美彦さんらしい不思議な世界です。

しかし、読んでいるうちに、私自身も「熱帯」に引き込まれ、
ややこしいと思いながらも、一気に読み終えてしまいました。

そして、最後まで読み終えた後、最初からもう一度読みたくなります!!

おうち時間が長い今、
森見登美彦さんの「熱帯」ワールドに引き込まれてみてはどうでしょうか?
この本を読むと、誰かと語りたくなるので、
オンラインで仲間とお話するのも良いかもしれないですね!

文/ グランデュオ蒲田店・YK
2014/2/28以前の記事は、5%税込の商品価格を表示しています。
本体価格(税抜価格)はリンク先のHonyaClub、在庫検索などでご確認ください。
----------