過去の「本の泉」

「ヨドバシAKIBA店」の記事一覧



『北条早雲 青雲飛翔篇』これが本当の早雲だ!

838北条早雲 1巻 青雲飛翔篇』/富樫倫太郎/中央公論新社 中公文庫/860円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

伊勢宗瑞、私たちが北条早雲と呼んでいるあの戦国大名の物語です。

もう、ご存知の方も多いと思いますが、北条早雲こと伊勢宗瑞は生きている間は北条氏を名乗らず、伊勢氏を名乗っていました。

この北条早雲1巻は伊勢宗瑞が岡山で鶴千代丸と名乗っていた幼少期から、京都に上洛し伊勢新九郎と名乗り始めたころを描いています。
[ 続きを読む ]



『日々我人間』伊豆の山奥で自然と戦う!

日々我人間2『日々我人間』 2巻/桜玉吉/文藝春秋/900円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

桜玉吉先生1年ぶりの新刊、『日々我人間』の第2巻が2020年1月に発売されました。

第1巻の発売から、3年たってしまいました。

[ 続きを読む ]



『まちの植物のせかい そんなふうに生きていたのね』図鑑よりも面白くて、ときに専門書よりも奥が深い!

759『まちの植物のせかい そんなふうに生きていたのね/鈴木純/雷鳥社/1,600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「植物観察家」
この少し変わった肩書きを持つ著者は、少し変わった、かわいらしい植物の本をつくりました。
それがこの『まちの植物のせかい そんなふうに生きていたのね 』です。

この本で著者は、都会の中や道端など、私たちの身近な場所に生きているまちの植物にずんずん近づいていきます。
植物を観察しながら読者にしゃべりかけ、さらにずんずん近づいていきます。

普段見ることのない視点から、見たことのない植物の姿を見せてくれます。
[ 続きを読む ]



『戦国北条五代』戦国時代の幕開けと終焉を知り尽くした一族か

709『戦国北条五代』/黒田基樹/星海社新書 講談社/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

東京が江戸から続く大都市なのは誰もが知っていますが、江戸時代以前の江戸がどんな様子だったのかは、東京に住んでいてもわからない方が多いのではないでしょうか?

戦国時代、江戸は北条氏の支配下にありました。
つい小田原北条氏と言ってしまいますが、支配領域は伊豆、相模、武蔵を超えて関東の大半を支配した戦国大名です。
[ 続きを読む ]



『童貞の勝算』新年、よりカッコ良く

童貞の勝算『童貞の勝算』/川瀬智弘/マネジメント社/1,400円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

この本は、いわゆる “恋愛本” に留まらず、
恋愛、仕事、人間関係全てにおいて活用できるメソッドが書かれています。

タイトルからして手に取りにくいと感じるかもしれませんが、中身はとても真っ当。
こんなこと無理でしょ!なんて事も書かれてません。
[ 続きを読む ]



『カッティング・エッジ』ダイヤモンドに目が眩み…

112『カッティング・エッジ』リンカーン・ライムシリーズ/ジェフリー・ディーヴァー/文藝春秋/2,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

今作はいつもの通り、ニューヨークが舞台。
ダイヤモンドをめぐる殺人がリンカーン・ライムシリーズらしく、気味の悪い事件へと誘います。

前作はイタリアが舞台でCIAも絡んでのびっくりな世界でしたが、今作はダイヤモンドをめぐる世界情勢が……。
あまり書くとネタバレになりますので全く何も書けません。
[ 続きを読む ]



『日本中世史の核心』 三宝院満済ってだれ?

日本中世史の核心『日本中世史の核心 頼朝、尊氏、そして信長へ/本郷和人/朝日新聞出版 朝日文庫/740円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

鎌倉・室町・戦国時代、複雑怪奇な日本中世史。
戦国時代は詳しいけれど、鎌倉・室町はとんとダメ。という人は非常に多いのではないでしょうか?

鎌倉時代は源氏将軍3代と北条執権何名か、それと北条政子を知っていたらそれで終わり。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.