過去の「本の泉」

「セレオ八王子店」の記事一覧



『世界史を変えた新素材』 視点を変えてみると世界史が面白くなる

833『世界史を変えた新素材』/佐藤健太郎/新潮社 新潮社選書/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
人類が発見してきた材料12種類を取り上げ、それらがいかに人類に貢献し現代につながるのかをまとめたものですが、科学的な視点で歴史を振り返る楽しい本です。
 
たとえば炭酸カルシウム。
炭酸カルシウムというと何の事だかわかりませんが、炭酸カルシウムからできているものとして石灰、セメント、真珠を取り上げ、それぞれ歴史の中で何を起したのか、そもそもなぜ炭酸カルシウムがこの地球上に存在し人類が利用しようと考えたのかなど、大変、面白い視点で書かれています。
[ 続きを読む ]



『文字と組織の世界史』 目から鱗の世界の成り立ち

058文字と組織の世界史 新しい「比較文明史」のスケッチ』/鈴木董/山川出版社/2,000円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
なんだろうこの本は?と思って手にとり、最初にめくったページに載っていた「文字世界の変遷」の図表にひかれ思わず購入してしまいました。
[ 続きを読む ]



『縄文の列島文化』 まさに今、縄文ブーム

133『縄文の列島文化』/岡村道雄/山川出版社/1,800円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
上野の東京国立博物館で、この夏、縄文展が好評だったようですね。

まだ、私が社会人になりたての頃、青森県の三内丸山遺跡が発見され、縄文時代の世界観が変わり、学校で教わる縄文時代もきっと大きく変わるのだろうと思っていました。
[ 続きを読む ]



『関東戦国全史』 なんと複雑で、なんと面白い関東の戦国!

537『関東戦国全史 関東から始まった戦国150年戦争』/山田邦明/洋泉社 歴史新書/950円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
この本では、応仁の乱より10年以上前の享徳の乱から、慶長七年までの約150年間を関東戦国全史としてまとめています。
 
室町時代は京都の将軍が全国をまとめて統治するというのではなく、関東には2代将軍、足利義詮の異母弟基氏を置き、関東公方(鎌倉公方)としてその血筋が代々その職を受け継いでいきます。
[ 続きを読む ]



『燃える部屋』だれもに価値がある。さもなければだれも価値がない。

ボッシュ『燃える部屋』『燃える部屋』上巻 ハリー・ボッシュ シリーズ/マイクル・コナリー:著 古沢嘉通:訳/講談社 講談社文庫/880円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
マイクル・コナリー、ボッシュシリーズ17作目、最新刊が2018年6月に発売されました。
今作では新しい新人パートナーが登場。
LAで野茂秀雄が活躍していた時代から続くボッシュシリーズですが、ボッシュもとうとう定年延長制度最後の年を迎えてしまいました。

下巻にはシリーズ25周年記念エッセイ『走る男』が収録されています。[ 続きを読む ]



『戦国日本と大航海時代』 侵略されなかったのは何故?

481『戦国日本と大航海時代 秀吉・家康・政宗の外交戦略』/平川新/中央公論新社 /900円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
戦国時代、ポルトガルから種子島に鉄砲が伝来、その後まもなく、ザビエルがキリスト教を伝えたのはだれもが知っている日本の歴史です。
キリシタン大名なども現れ、一見、非常に友好的だった西洋諸国との関係ですが、よくよく考えてみると、
[ 続きを読む ]



『教養としての「ローマ史」の読み方』ローマはやっぱりすごかった。

780『教養としての「ローマ史」の読み方』/本村凌二/PHP研究所/1,800円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
世界史でローマというと “ローマ帝国” と簡単に考えてしまいますが、ローマは王国→共和国→帝国と政治体制を変えながら世界史の中に君臨しています。

この本ではローマとギリシアとを比較して、
なぜ民主主義が定着したギリシアでなく、共和制を選んだローマの方がより繁栄できたのか。
また、なぜローマは共和制から皇帝を頂点とした帝国へと変貌を遂げたのか。
など、前半は私たちが世界史の授業で学んだローマ史を振り返りながら読み進めることができます。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…>>HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
>>ご利用ガイド >>規約
ご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16
http://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.