過去の「本の泉」

「◆エッセイ」の記事一覧



『58歳から日々を大切に小さく暮らす』ほんの少しの意識と工夫で素敵な暮らしを実現。

823『58歳から日々を大切に小さく暮らす』/ショコラ/すばる舎/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

先が見えにくい時代。
どうあれば幸せなのか、何を持てば満たされるのか。
多様性の時代とは言っても、方向性は感じていたい。
でもお金をかけて得られるものは何か違うよなあ。
[ 続きを読む ]



今も心に響きます。『ナンシー関の耳大全77 ザ・ベスト・オブ「小耳にはさもう」1993-2002』

941『ナンシー関の耳大全77 ザ・ベスト・オブ「小耳にはさもう」1993-2002
ナンシー関:著 武田砂鉄:編/朝日新聞出版 朝日文庫/740円+税
外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

昔はビデオなんて便利なものはなかったので、観たい番組があれば急いで用事をすませて、テレビの前にスタンバイしていたものです。
[ 続きを読む ]



『空前絶後の保護猫ライフ!池崎の家編』猫バカ愛の絶叫

713『空前絶後の保護猫ライフ! 池崎の家編』/サンシャイン池崎/宝島社/1,200円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

ネコ大好きだが飼った事のなかったサンシャイン池崎さんが、縁あって保護猫施設から「風ちゃん・雷ちゃん」という2匹の猫を引き取って始まった、空前絶後のワンダフル猫ライフエッセイです。
[ 続きを読む ]



『惚れぼれ文具』もはや筆記具を前にした哲学者のよう!

惚れぼれ『惚れぼれ文具 使ってハマったペンとノート/小日向京/枻出版社/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

さすがは筆記具に人一倍思い入れのある著者。
一ページ目を読んだ時から、あるあるでうなずくことしきりでした。

自分もものすごく筆記具が好きで、選ぶ時も、使う時も、集めてしまう時も、それが本当に必要な時もあるにはあるけれど、そのほとんどは、けっして今なくてもいいかも、ということが多いので、常になんとなくの罪悪感にかられていたのです。

しかし、その罪悪感に対して、著者は見事に言葉で言い表してくれて、まさに、首がちぎれるほど、ぶんぶんとうなずき、肯定することしきりでした。
もやもやしていた気持ちがスッと晴れ上がったようです。
[ 続きを読む ]



『数学の贈り物』数学研究者の初エッセイ

419『数学の贈り物』/森田真生/ミシマ社/1,600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

数学、学生時代苦手だった人には、なんとなく、ほろ苦い味のする言葉。
そして、得意な人を見るとなんとなく、それだけで尊敬してしまう。
そんな不思議な響きがあります。
[ 続きを読む ]



『アイスの旅』決して溶けない夏の思い出作りにいかが?

277『アイスの旅』/甲斐みのり/グラフィック社/1,600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

暑~い夏、どこにも行く予定はないし、コンビニで買ったアイスを食べながらクーラーが効いた部屋でゴロゴロ寝転がって過ごしたい……。

そんな方にお勧めしたいのが『アイスの旅』!
どのページも様々なアイスの写真が満載です。

[ 続きを読む ]



『読書について』批評の神様から学ぼう!

540『読書について』/小林秀雄/中央公論新社/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

著者の小林秀雄さん。
一度は聞いたことのある作家/批評家ではないでしょうか。

そうです。高校の現代文の教科書に出ていた、あの方です。
その時は、なんかちょっと難しい事が書いてあるな~、なんて思った方も多いかと思います。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…>>HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
>>ご利用ガイド >>規約
ご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16
https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.