426『ウェストンと歩く日本アルプス ―古き絵葉書より―』/上田剛/里文出版/2,000円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
ウォルター・ウェストンは明治21年から大正4年にかけて計3回来日し、日本アルプスを中心にして、数々の日本の山を登った登山家です。そして当時山が修行や信仰の対象か、狩猟や採集などの生活の場としてしか考えられていなかったのに対して、山への敬意を忘れないことと同時に、山岳美を追求し、登ること自体を楽しむという考え方を日本人にもたらした先駆者でもありました。
もともとはイギリスの宣教師であり、来日の目的も布教活動のためでした。だが日本の山に魅せられた彼は外国人でありながら、地元の山案内人とともにいくつもの山をめざすという行動をすることによって、日本人に山岳スポーツの精神を根付かせていく中心人物の一人となっていったのです。[ 続きを読む ]