526『有頂天家族』/森見登美彦/幻冬舎文庫/720円(5%税込)詳細
舞台は京都。
紀ノ森に住む狸の名門・下鴨家の三男、「面白きことは良きことなり」が口癖の矢三郎は、師匠である落ちぶれた天狗の赤玉先生のもとに通う日々を送っていた。
人間の娘で弟子である弁天への赤玉先生の恋。
次の狸界の代表「偽衛門」を決める日、様々な思いが入り乱れる。そして、下鴨家の行方はいかに・・・?[ 続きを読む ]