過去の「本の泉」

「桜木紫乃」の記事一覧



『家族じまい』家族のことで、気持ちの整理がつかない方にお薦めの一冊

714『家族じまい』/桜木紫乃/集英社/1,600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

子育てに一区切りついた姉のもとに
「ママぼけちゃったみたい」と妹から電話がかかる。

横暴な父、そんな夫に苦労しながらも共に暮らしてきた母。
親の老いに直面して戸惑う姉妹と、
彼らに関わる人々の連作短編集がこの『家族じまい』だ。
[ 続きを読む ]



新井見枝香さんトークイベント[前編]『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』刊行記念

IMG_8534
 
2019年2月に『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』を秀和システムから刊行された新井見枝香さんは、メディア出演も多い現役書店員、かつエッセイスト。
刊行記念トークイベントのお話を前後編に分けてお届けします。
 
新井さん、この日はストリップ小屋の帰り掛けに有隣堂アトレ川崎店に寄り道してくださいました。

[ 続きを読む ]



『ラブレス』女性に読んでほしい1冊

ラブレス『ラブレス』/桜木紫乃/新潮社 新潮文庫/670円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
いま、40代・50代を過ごしている女性に読んでほしい1冊。

時代と生まれは生涯まとわりついて離れることはないのかもしれないけれど、無意識に飲み込めていられたら、それもまた幸せ。
[ 続きを読む ]



『起終点駅(ターミナル)』 直木賞作家・桜木紫乃さんの短編文庫化

起終点駅『起終点駅(ターミナル)』/桜木紫乃/小学館/600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
この本は著者が2013年に「ホテルローヤル」で第149回直木三十五賞を受賞した前年に出版された傑作短編集の待望の文庫化作品です。[ 続きを読む ]



【特集】 第149回 直木賞 大予想!

第149回直木賞候補の6作を、受賞予想の鼎談形式でご紹介!
※ この鼎談はフィクションであり、実在する人物・小説上の人物とは関係ありません。
 
直木賞大予想
鼎 談 参 加 者
平尾才助 (55歳) ----- 書店員歴33年
悠木和雅 (44歳) ----- 書店員歴15年
野口魚子 (33歳) ----- 書店員歴 6年

悠木: さあ、またもや直木賞の季節がやってまいりました。
野口: 今回も私たちは本命・対抗・大穴と予想しなくてはならない辛い立場にいます。
平尾: 毎度のことながら、誰にも頼まれてないけどな。
悠木: 今回の候補作は6作。時代小説、ミステリー、SFなど多彩なラインナップです。
野口: しかも、傑作ばかりですね。
平尾: 早速予想していこうぜ。

候補6作をすべてご紹介! 続きはこちら

[ 続きを読む ]



【特集】 有隣堂スタッフが選んだ2012上半期ベストワン

20120802best1有隣堂のスタッフ有志が、それぞれ2012年の上半期に出版された本の中から「これがベストワン!!」という1冊を選びました。

気になっていた本や、チェックしていなかった本はありませんか?
未読の本がございましたら、ぜひお手にとってみてください。
連日の暑さからのがれて、涼しいところでゆったり読書。
そんな夏休みもアリですよね![ 続きを読む ]



【特集】 我が心の本屋大賞 2012

2012honyataisho1804月10日、第9回本屋大賞が発表になりました。
大賞受賞作は三浦しをん『 舟を編む 』(光文社)です。

今年も有隣堂スタッフ有志に “私にとっての本屋大賞2012はこの作品!” を選び、熱く語ってもらいました。
本屋大賞ノミネート作だけでなく、この中の本も是非お読みになってください![ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.