過去の「本の泉」

「窪美澄」の記事一覧



第161回 直木賞 大予想!

 
2019年下半期 第162回「直木賞 大予想!」はこちら
 


 
第161回 直木賞候補の6作品を、受賞予想の鼎談形式でご紹介!

※ この鼎談はフィクションであり、実在する人物・小説上の人物とは関係ありません。

鼎 談 参 加 者
平尾才助 (55歳) --- 書店員歴33年
悠木和雅 (44歳) --- 書店員歴15年
野口魚子 (33歳) --- 書店員歴 6年
161

悠木 さあ、またもや直木賞の季節がやってまいりました。

平尾 今回は候補作家がすべて女性ということで注目されてるな。

悠木 直木賞の歴史の中で、候補作がすべて女性の作品となったのは初めてだそうですからね。

野口 作家の性別が話題になること自体、無意味だと思うのは私だけですかね。

平尾 そうは言っても、マスコミはこういう「女性活躍」的な面を取り上げたがるからな。

悠木 この話題性が選考に多少なりとも影響を及ぼすんじゃないかと私は見てるんですが。

野口 それよりも私が注目しているのは、今回の候補作家6人のうち、すでに山本周五郎賞を受賞している作家が4人もいるということです。

悠木 朝倉かすみさん、窪美澄さん、原田マハさん、柚木麻子さんの4人ですね。ハイレベルな戦いと言えますね。

[ 続きを読む ]



第159回 直木賞 大予想!

公開いたしました→ 第160回 直木賞 大予想!|本の泉|有隣堂|


第159回直木賞候補の6作を、受賞予想の鼎談形式でご紹介!
※ この鼎談はフィクションであり、実在する人物・小説上の人物とは関係ありません。

159

悠木 さあ、またもや直木賞の季節がやってまいりました。

平尾 ああ。候補作が発表になった日の朝、ギョっとしたぞ。もうそんな時期か!って。

野口 毎回言っていますが、今回は予想するのが本当に難しいですね!

平尾 今回の候補作は、なんというか、全体的にずっしり重かったな。

野口 今までも軽い候補作なんてなかったですけどね。

悠木 平尾さんのおっしゃることはよく分かります。読みごたえのある作品が揃いました。

野口 確かに、読み終えた後、呆然としてしばらく何も手につかなくなった作品がありました。

悠木 今回は、まず初めに本命を2作に絞りました。

平尾 ああ。この2人のうち、どちらかだろうなってことで意見が一致したんだよな。

悠木 そこからが本当に難しかったですね。甲乙つけがたくて。

平尾 どんなところで難癖がつくか分からないからな。

野口 それでは、早速予想してまいりましょう

候補の6作品をすべてご紹介しています
続きはこちら
↓↓↓    

[ 続きを読む ]



『さよなら、ニルヴァーナ』日本を震撼させた神戸事件は人々の記憶から遠く、風化して久しい。

256『さよなら、ニルヴァーナ』/窪美澄/文藝春秋/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
神戸児童連続殺傷事件をひきおこした少年Aは社会復帰を果たし、現在は名前を変えて世の中で働いているそうです。
今回の窪さんの小説は、この事実をもとに、娘を殺された家族、美少年であった少年Aに恋焦がれる少女、作家への夢を捨てきれずに、さまよう人生のなかで少年Aを見つける女性、そして加害者である少年A自身の生い立ちを運命的に紡ぎ、事件のその後を描いた物語となっています。[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.