過去の「本の泉」

「米澤穂信」の記事一覧



『本と鍵の季節』このミステリーがすごい!2020も受賞した米澤穂信の青春ミステリ

173『本と鍵の季節』/米澤穂信/集英社/1,400円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

最近あまり書かれていなかった青春ミステリです。

出てくる主役の二人がどちらも高校2年生の探偵!
[ 続きを読む ]



『儚い羊たちの祝宴』 残酷な結末に背筋をゾクッと震わせながらも、最後にはニヤリと暗い笑いが...。

782『儚い羊たちの祝宴』/米澤穂信/新潮社 新潮文庫/550円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。
翌年も。
その翌々年も。
そして四年目にはさらに凄惨な事件が。
[ 続きを読む ]



『真実の10メートル手前』 第155回直木賞候補作。

109『真実の10メートル手前』/米澤穂信/東京創元社 創元推理文庫/680円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
「ところで目とは、そこにあるものを見るための器官ではありません。」
[ 続きを読む ]



『氷菓』爽やかで、ちょぴりほろ苦い。

101『氷菓』古典部シリーズ/米澤穂信/KADOKAWA/520円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
神山高校に入学した折木奉太郎は、「やらなくてもいいことならやらない。やらなければいけないことなら手短に」がモットーの省エネ人間だが、この高校のOGの姉の勧め(脅迫)で≪古典部≫に入部し、折木はそこで同級生の干反田えるに出会う。

彼女の好奇心は、日常のあらゆる疑問に向けられ、巻き込まれた折木の省エネ主義は早くも崩れ去っていく。

[ 続きを読む ]



第155回 直木賞 大予想!

第155回直木賞候補の6作を、受賞予想の鼎談形式でご紹介!
※ この鼎談はフィクションであり、実在する人物・小説上の人物とは関係ありません。


180-naoki155悠木 さあ、またもや直木賞の季節がやってまいりました。
野口 今回も私たちは本命・対抗・大穴と予想しなくてはならない辛い立場にいます。
平尾 今回は誰が受賞してもおかしくないな。
悠木 初候補の作家が一人もいないですからね。
野口 しかも版元もバラバラです。仁義なき戦いって感じですね。
平尾 いや~、今回は本当に難しいぞ。
野口 平尾さん、それ毎回言ってますね。
悠木 それでは、早速予想してまいりましょう!

候補の6作品をすべてご紹介しています! 続きはこちら
↓↓↓ 

[ 続きを読む ]



『春季限定いちごタルト事件』 小市民を目指す小鳩君と小佐内さんのコミカル探偵物語

無題『春期限定いちごタルト事件』/米澤穂信/東京創元社/580円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
昨年発売された「満願」が第151回直木賞、2015年本屋大賞の候補作にもなった今最も人気のある作家の一人、米澤穂信。

映画化された「インシテミル」やTVアニメで話題となった「氷菓」など、ベストセラーになった作品はたくさんありますが、私のおススメはライトノベル感覚で読みやすいミステリー小説「春期限定いちごタルト事件」です。[ 続きを読む ]



『折れた竜骨』魔術と謎解きの融合

107『折れた竜骨』上下/米澤穂信/東京創元社 /各620円+税外部リンク
有隣堂の在庫を探す
魔術のある世界で12世紀のヨーロッパを舞台にしたミステリ。
つまりファンタジー小説と時代小説とミステリ小説を合わせたような作品。
盛りこみすぎだろう、と不安を抱きましたが杞憂に終わりました。[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.