過去の「本の泉」

「講談社」の記事一覧



『志麻さんの自宅レシピ』これ食べてたら人生間違わない気がします。

576『志麻さんの自宅レシピ』/タサン志麻/講談社/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

自粛期間中、いつも以上に料理に向かった人、多かった様ですね。
私もていねいな食事を意識して過ごしました。
[ 続きを読む ]



『しずかな日々』子どもの頃過ごした夏が瑞々しく蘇る!

677『しずかな日々』/椰月美智子/講談社 講談社文庫/495円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

誰にでもある夏休みの思い出をもう一度体験させてくれるような小説。

主人公は小学5年生の内気な男の子、枝田光輝。
クラスメートの押野と親友になった頃、母親に引越しを告げられる。
「転校だけはしたくない」と、近くの祖父と暮らすことにした光輝が押野らと夏を過ごす、というストーリー。
[ 続きを読む ]



『十角館の殺人』綾辻ミステリーの原点を探る

十角館『十角館の殺人』/綾辻行人/講談社 講談社文庫/750円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

綾辻行人さんの代表作『十角館の殺人』をご存知でしょうか?

綾辻行人さんのデビュー作にして、「館シリーズ」の記念すべき第一作目でもあります。

新本格ムーブメントの先駆けとなった作品であり、日本のミステリー史に残る大傑作と言えるでしょう。[ 続きを読む ]



『社会学史』社会学を歴史から見る

449『社会学史』/大澤真幸/講談社 講談社現代新書/1,400円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

アリストテレスから、近代社会学のツインピークス、フーコーとルーマンまで。

社会学以前の時代から問われ続けた「社会秩序はいかにして可能か」という命題が、社会情勢を背景にした近代史の中でいかにして深化していったのかを丁寧にひもといてゆく本書。
[ 続きを読む ]



『キリの理容室』 しびれる成長物語です

087『キリの理容室』/上野歩/講談社/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す 
主人公のキリは小学生の時に、駆け落ちして家を出た理容師であった母を見返すべく、『復讐ノート』を作り、自分も理容師となって社会に出た。
[ 続きを読む ]



実はイチオシの作家・・・北森鴻!

hananomotoniteharusinamu花の下にて春死なむ』/北森鴻/講談社文庫/559円(5%税込)詳細
それは3年前、余りにも突然な黒い縁取りのあるお知らせでした。
作家・北森鴻(きたもり・こう)さんが逝去。平成22年1月25日のことです。
北森ファンが数々のシリーズ物や歴史小説等、彼の全ての作品を読み尽くし、次作を待ち遠しく思っていた頃のことでした。[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.