過去の「本の泉」

『ひとりの双子』 感じ、考える心が、人を、人生を豊かにしていく。

ひとりの双子『ひとりの双子』/ブリット・ベネット/早川書房/2,310円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

現代アメリカの小説が好きでさまざま読んできましたが、日本人には非現実とも思える悲劇や事件を通して心を変容させたり、成長させたり、旅したりする小説が多いなあと勝手に感じてきました。

人の苦悩もよろこびも、幸福もかなしみも、国が変わろうが人種が違えども、変わることはないはず。ただ日本の小説とは描き方が違うなあ、と。

人間の内側が深く描かれていなくても、知らない大きな世界を旅するような気分になれることが私にとっての現代アメリカ小説の魅力でした。
[ 続きを読む ]



『花束みたいな恋をした』ナマな感情に胸を締め付けられる最高のシナリオ!

花束みたいな恋をした『花束みたいな恋をした』/坂元裕二/リトルモア/1,760円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「花束みたいな恋をした」は映画館で観た。
日頃、恋愛ものは小説でもほとんど読まないのに、これは絶対名作だろうという予感があった。

観ているあいだずっと、胸がいっぱいだった。恋のはじまりの高揚、深まっていく気持ちの幸福、すれ違いのせつなさ、別れのとき。
[ 続きを読む ]



『今日もごきげんよう』 自分なりのベーシックを見つけたいと思った。

今日もごきげんよう『今日もごきげんよう』/松浦弥太郎/マガジンハウス/1,540円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

著者が毎日寝る前の習慣にしている「今日の三つのしあわせ」を目をつむりながら選ぶことから生まれたエッセイ。
[ 続きを読む ]



『コロナのせいにしてみよう。シャムズの話』コロナ禍で、何だか調子が変だな...という人たち必読の一冊!

コロナのせいにしてみよう。シャムズの話『コロナのせいにしてみよう。シャムズの話』/國松淳和/金原出版/1,430円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

医学書専門の出版社から発売された内科医の著者が
他の医師たちに向けて執筆した本です。
[ 続きを読む ]



『清少納言を求めて、フィンランドから京都へ』紙が残ることの意味をじっくり考えることになる

清少納言を求めて、フィンランドから京都へ『清少納言を求めて、フィンランドから京都へ』/ミア・カンキマキ/草思社/2,200円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

フィンランドのOLだった著者は、仕事にも変化がない毎日にもうんざりしていた。
このままでは自分の人生は終わると感じ、学生時代からなぜかはまっていた清少納言を求めて京都へと旅立つ。
[ 続きを読む ]



『生まれた時からアルデンテ』 ああ、何かおいしいものが食べたい!

生まれた時からアルデンテ『生まれた時からアルデンテ』/平野紗季子/文藝春秋/880円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

小学生のころから食日記をつけ続ける
フードエッセイスト初の著書が文庫化。

おいしいと思った店の話もあれば、人の家の麦茶の話もあり、
世界一のレストランの話やガストロノミー(美食学)についての対談、
道路に捨てられてもなお美しいスターバックスについても書かれている。

[ 続きを読む ]



『北欧こじらせ日記』日々迷っている人の背中をそっと押してくれる優しさが詰まってる

北欧こじらせ日記『北欧こじらせ日記』/週末北欧部chika/世界文化ブックス/1,540円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

ブログ「週末北欧部」を主宰する
chikaさんのコミックエッセイ第二弾。


北欧の魅力にハマり通うこと12年。
遂には「ここに住みたい!」を叶えるためにフィンランドで寿司職人になることを決意?!
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報