過去の「本の泉」

『土井家の「一生もん」2品献立』 知らないと損、と言い切れるロングロングセラー

土井家の「一生もん」2品献立『土井家の「一生もん」2品献立』/土井善晴/講談社/1,650円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

2004年刊行のこの本を、今もたびたび本棚から抜き出してしまう。

レシピはもう頭に入っているのに。お風呂に持ち込んで読むこともある。
もう私にとってこの本はレシピ本ではなく、癒しの書であり、バイブル。
[ 続きを読む ]



『ゲーテ格言集 改版』贈り物のような言葉が見つかるかもしれません

ゲーテ格言集改版『ゲーテ格言集 改版』/ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ/新潮社/572円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「もはや愛しもせねば、迷いもせぬ者は埋葬してもらうがいい」

恋多き人だったゲーテならではの言葉と言われているようですが、恋愛だけでなく、多感に生きよ、死んだように生きるなと言われているようで胸に刺さる言葉です。
[ 続きを読む ]



『かさちゃんです。』 雨の日も楽しい、と思える毎日でありますように

かさちゃんです『かさちゃんです。』/とよたかずひこ/童心社/880円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

二十四節気 啓蟄。

ものの本によると「啓蟄」とは、新暦3月5日頃~19日頃をさし、陽気に誘われ、土の中の虫が動き出すころのこと。

一雨ごとに春になる季節。
[ 続きを読む ]



『ある特別な患者』 懸命に働いている世界中の医師の心に想いを馳せることができる一冊

ある特別な患者『ある特別な患者』/エレン・デ・フィッサー/サンマーク出版/1,870円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

医師にとって忘れられなくなった患者についての告白の記録である。

医師の人生を変えるほど強烈に記憶に刻まれる患者は決して自分の治療で劇的回復をした患者や、逆にミスが原因で重篤にさせてしまった患者とは限らない。
[ 続きを読む ]



『雲上雲下』DX社会にぜひ残ってほしい一冊

雲上雲下『雲上雲下』/朝井まかて/徳間書店/825円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

山奥の奥の奥のそのまた奥に根を生やす一本の草。

その足元に迷い込んだ子狐が懐き住み、草に向かって「昔のお話して」とせがむ。そこに山姥も加わり、草は子狐と山姥に昔話を語り始める。
[ 続きを読む ]



『茨木のり子詩集』 亡くなって17年を経ても瑞々しい輝きを放つ言葉にぜひ触れてほしい

茨木のり子詩集『茨木のり子詩集』/茨木のり子/岩波書店/770円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

10年ほど前、友人に教えられた「自分の感受性くらい」。

以来その詩は心を掴んで離さないのだが、最近改めて茨木のり子の詩に心を揺さぶられている。
[ 続きを読む ]



『ナナメの夕暮れ』少しでもモヤモヤと「生き辛さ」を感じたことのある人にとって、頼もしい光を感じられる

ナナメの夕暮れ『ナナメの夕暮れ』/若林正恭/文藝春秋/759円(税込)
外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

セーターのチクチク、学ランの第一ボタンを閉めなければいけないこと。
多くの人が何気なくこなすことに疑問を持ち続けたり、自意識過剰のせいで、恥ずかしくてスタバで「グランデ」が頼めない。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報