過去の「本の泉」

『じっちょりんのあるくみち』 ふだんの散歩ももっと楽しくなるかもしれません

じっちょりんのあるくみち『じっちょりんのあるくみち』/かとうあじゅ/文渓堂/
1,430円(税込)
外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

じっちょりんはちいさなちいさな家族。
はなびらや葉っぱを食べて暮らしています。


種だけはとっておいて、たねかばんにしっかりしまいます。
そして、コンクリートの道や壁の小さなすきまなどに、種を植えに出掛けます。

じっちょりん達にとって、人間の世界に種を植えにいくのは大冒険です。
横断歩道を渡るのも一苦労。車にひかれないように、猫や人間に見つからないように。
階段を一段あがるのだって大変なこと。

[ 続きを読む ]



『すべての月、すべての年』 一生本棚にキープしたい一冊

すべての月、すべての年『すべての月、すべての年』/リシア・ベルリン  岸本佐和子訳/講談社/2,640円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「掃除婦のための手引き書」を読んでから待ちわびていた邦訳の新作。
「掃除婦」同様自伝的小説だが、前作読後時に租借できなかった読後感が何だったのか、わかってきたような気がする。
[ 続きを読む ]



『せかいでいちばんつよい国』大人になっても心に残る、 大人が読めば目からうろこ

せかいでいちばんつよい国『せかいでいちばんつよい国』/デーヴィッド・マッキー/光村教育図書/
1,650円

(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

自分の国の暮らしが一番なのだと信じ、武力で隣国をどんどん侵略する大統領がいました。
どこもその国の武力の強さには勝てず、とうとう侵略されていない国はただ一つになります。
とても小さな国なのでほおっておくこともできましたが、全世界を「統一」することがそもそもの目的だったので小さな国にも侵略します。
[ 続きを読む ]



『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』 戦争について考える機会が減っている大人たちにも手に取ってもらいたい一冊

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』/汐見夏衛/スターツ出版/616円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

TikTokで紹介され、話題になった小説。

内容もよく知らないのに、学生さん向けの青春恋愛小説かなあと思い、はじめは特に興味を持っていませんでした。

とあるきっかけで読み始めると、14歳の少女が70年前、戦時中の日本へタイムスリップするという物語で、まず意表を突かれました。
[ 続きを読む ]



『はてしない物語 上・下』本とともに大きくなった大人にも色々もの思わせてくれる壮大な物語

はてしない物語『はてしない物語 上・下』/ミヒャエル・エンデ/岩波書店/836円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

春は実用書、秋はミステリー、冬は長編小説が読みたくなります。
そういうのってないですか?
そして夏は、青春小説やファンタジー小説が読みたくなります。
夏休みの子どもの気分に少し戻るからでしょうか。

ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』は映画『ネバーエンディングストーリー』の原作。
もう30年近く前の映画なので知らない方も多いかもしれませんが、ファルコンというふわふわの竜のかわいさ、不思議さは子ども心に焼き付いています。
[ 続きを読む ]



『ねこうちさん 猫と山内と時々犬』本作はもう!なんといっても猫の写真集です

ねこうちさん『ねこうちさん 猫と山内と時々犬』/山内健司とその妻とその子供とその猫/サイゾー/1,320円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

買ってしまった。
猫にはまったく縁のない私が、かまいたちファンだからというだけで手に取りましたが、これは紛れものなく純粋な、猫好きのための写真集でした(笑)。

かまいたちは今でこそTVで見ない日はない大人気のお笑い芸人ですが、ほんの数年前までM-1グランプリ等の賞レースを戦い、新しい戦場を求めてYouTubeをはじめて、と常に戦い続けています。
[ 続きを読む ]



『汝、星のごとく』 心揺さぶる激しい読書になると思います

汝、星のごとく『汝、星のごとく』/凪良ゆう/講談社/1,760円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

『流浪の月』では、ままならない人生に翻弄される絶望と、人と人が想い合う切実さになんども胸を締めつけられました。

本作もそんな『流浪の月』と似た読み心地を持つ、とても力強い物語でした。

瀬戸内を舞台に、まだ自分のことすらよく知らない少年少女が、閉塞した環境の息苦しさ、家族の縁を背負うことにもがき、生きることや人を愛することを知っていきます。
なぎらゆうさんの小説を読んでいて思うのは、「人は経験をえて成長し、確固たる自分を獲得し、自分の人生を歩んでいく」というのは幻想じゃないか、ということです。
[ 続きを読む ]



記事検索
カテゴリ
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報