忘れられた花園『忘れられた花園』上/ケイト・モートン/東京創元社/各1785円(5%税込)詳細
1913年、イギリスからオーストラリアの港に着いた客船。乗客が去ったあとに、小さな女の子が残されていた。白い革のトランクの中にはお伽噺の本。名前もわからないその少女を、港の職員の夫婦が引き取ってネルと名づける。
時は移って21世紀初め、年老いたネルを看取った孫娘のカサンドラは、ネルが自分にイギリスの崖の上のコテージを遺したことを知る。そこは大きなお屋敷の一部で、迷路庭園と封印された花園があった。ネルとは誰だったのか。なぜ一人客船に乗っていたのか。孫娘にコテージを遺したわけは?
ネルとカサンドラの少女時代、ネルが生まれる前と死んだ後、いくつもの時空が重なり合って謎は花園の蔓のように覆いかぶさり、読み手は登場人物とともに迷路の中をさまよいます。海外物は名前が覚えられなくて、という方も多いでしょうが、名前と相関図をメモしながら読んでみて下さい。下巻はノンストップの面白さ、パズルのピースがはまっていくカタルシスを味わえます。
嵐が丘詳細』のようなゴシックロマン、アガサ・クリスティのイギリスお屋敷ミステリー、『秘密の花園詳細』的児童文学、『オリバー・ツイスト詳細』のようなロンドンの下町、すべての要素が味わえる読みごたえのある本です。

東急プラザ戸塚店・ST

 

・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------