18710 『遮断地区』/ミネット・ウォルターズ/創元推理文庫/1,260円(5%税込)詳細
この表紙は、一体何なのだろう? と思いながら、ずるずる年末まで。英国ミステリ界の女王の新刊を読まずにきてしまっていました。読もう読もうと思ったら、すぐ購入しないとダメですね。あっという間に今年も終わりです。
そうしている間に、この『遮断地区』は、いろいろなランキングの上位にランクイン。しまった!乗り遅れたと感じながら、急いで読み始め、ところがいつもなら、ものすごく速度が遅くなる翻訳物の読書も、あれよあれよと一気読み。女王の底力を感じました。
バシンデール団地に越してきた老人と息子。彼らは、小児性愛者と疑われていました。あっという間に広がる噂と、二人を排除しようとする住民の抗議デモ。以 前、彼らが住んでいたところで起こった少女失踪事件も絡み合い、デモが暴動へと変わっていきます。そこへたまたま立ち寄った医師のソフィーは、この親子に 監禁されることになり、二つの事件がどんどん速度を増して、ともかく読み応え抜群!

読み終えた後は、やっとそうやっと、この閉塞な空間から開放される、と思わずにはいられないほど、最後まで持続していく緊張感。血と暴力に満ちた一日が、こんなにすごいミステリになるとは!
創元社の営業さんとも、「ただの暴動かと思いきや、ここまで読ませるとは、やっぱり、ウォルターズはすごいですね。」と大絶賛談義。
デモがだんだん大きくなり、アシッド・ロウ(バシンデール団地の別名)に住む人々の人生に対する憤りとか怒りが別の形で現れるかのように、コントロール不能になっていく様は圧巻。
こういうミステリもありだなと、あらためてウォルターズの凄さを感じました。
今年最後にぜひオススメのミステリです。

厚木店・AS

有隣堂 本の店頭在庫検索 『遮断地区詳細
ご利用の「在庫あり」の店舗へお電話ください。 店頭の本を確認し、お客さま用にお預かりいたします。
・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------