921『三国志』 1巻/宮城谷昌光/文藝春秋 文春文庫/640円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

中国の話でありながら日本でも人気が高く、様々な世代に読まれて親しまれている「三国志」。
小説のみならずコミックやゲームなど様々な作品があります。

以前は「三国志演義」という中国三国時代を舞台にした創作物を基にした作品が多かったのですが、近年は歴史書である正史「三国志」を基にしたものも増えてきた印象です。

この宮城谷昌光さんの「三国志」はその正史準拠の小説であり、よく知られている三国志の小説とは一味違います。
まず1巻の時点で三国志の主役級の人物である劉備や曹操は登場しません。
なんと曹操の祖父の時代から始まるのです。別の三国志の小説をすでに読んでいても、ここからどのように劉備や曹操の時代に繋がっていくのだろう?と引き込まれていきます。

ラストも他作品ではあまり描写されない三国の滅亡まで行くので、三国時代をしっかりと味わえます。

実のところ予備知識がないと読みづらいと思われる点、全12巻という長編もあって三国志入門としてはあまりおすすめできないのですが、三国志好きで未読の方には是非読んでほしい作品です。

文/ グランデュオ蒲田店・IH
・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------