023『読む将棋2021 “棋士が語る”藤井聡太と羽生世代』/文藝春秋 文春ムック/880円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

将棋をたまに指しますが、弱いです。
息子との対局も彼が小学5年生になるころから負けることが多くなりました。
将棋は勉強を続け技術を磨き、考え続ける体力も必要です。将棋の世界を最前線で戦う棋士は何を考えているのでしょうか。


ここにきて藤井2冠人気にもあやかってか、将棋を読んで楽しむ人が増えているようです。いわゆる「読む将」です。
以前から羽生善治さんや藤井二冠の本は多く出ていますが、棋士はその二人だけではありません。プロ棋士は約160人いて、盤上で日々しのぎを削っています。そのひとりひとりにドラマがあるのです。

そんな人々に迫る「読む将棋」なる本が登場しました。

羽生世代、藤井聡太に対抗する若き才能に迫った一冊は読み応え十分です。私たちが知らない濃密な世界が広がっていることに魅了されます。

【有隣堂PayPayモール店でも販売中】
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/yurindo/item/9784160070233/
※品切れの際はご容赦くださいませ
・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------