一汁一菜でよいという提案『一汁一菜でよいという提案』/土井善晴/新潮社(新潮文庫)/935円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「家庭料理はおいしくなくてもいい」
という一文に衝撃を受けない人はいないでしょう。
それはどんなに疲れていても日々献立を考え
食事を作らなければならない多くの人にとって救いの言葉となります。

しかし、そこには生きることの根幹にかかわる
家庭料理についての深い考察が込められています。
実用の書でありながら、こんなにも胸を打たれる本は他にありません。

文庫化をきっかけに、台所に立つすべての人に手に取って頂きたい
厳しくも温かい福音の1冊です。


【有隣堂PayPayモール店でも販売中】
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/yurindo/item//9784101033815
売り切れの際にはご容赦ください
・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------