気持ちはなにをしているの『<気持ち>はなにをしているの?』/文・ティナ・オジェヴィッツ 絵・アレクサンドラ・ザヨンツ/河出書房新社/2,002円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

4歳の娘に絵本を選んでいて、これは私のために買いたい!と思い、手にとった絵本。
いろんな「気持ち」を描いた絵本。
母を亡くした時、悲しみ方が分からなくなって途方に暮れた。
親族と想い出話に笑う度に悲しみは引いていき、笑い終わったあとにまた悲しみが寄せてくる。
泣く人と言葉を交わし合う度に悲しみは引いていき、別れるとまた寄せてくる。

波のように襲う悲しみ。

それは5年以上経つ今も薄ろいだとはいえ続いていて、特に母が夢に出てきてくれた朝、言いようのない波に翻弄される。
怒りもそうで、怒り方が分からず戸惑うことがある。
誰かが100%悪いことなんてそうそうないから、怒りには困惑やら情けなさやら、それこそ悲しみとか、いろんな気持ちが波のようにつきまとう。

私の娘もいつか、とらえ難い気持ちに翻弄されることがあると思う。
悲しいけど笑顔を見せたり、嬉しいけどちょっとせつなかったり、楽しいけどちょっと不安、とか。

今の娘にはちょっと早そうけど、いつかこの絵本を読んでほしいと思う。

そして、「気持ち」にはいろんな形があって、その全部が自分のものだから、大事に育ててずんずん進め、と言ってあげたい。

自分がこれまで経験してきた気持ち、言葉にできないものも含めて、その全てを肯定してあげたくなるような、「気持ち」が温まる素敵な絵本です。

【有隣堂PayPayモール店でも販売中】
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/yurindo/item/9784309254371
売り切れの際にはご容赦ください。
・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------