かさちゃんです『かさちゃんです。』/とよたかずひこ/童心社/880円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

二十四節気 啓蟄。

ものの本によると「啓蟄」とは、新暦3月5日頃~19日頃をさし、陽気に誘われ、土の中の虫が動き出すころのこと。

一雨ごとに春になる季節。
3月は意外と雨が多くてせっかく暖かくなってきたのになあ、とがっかりすることがあるのですが、草木が芽吹き、虫たちが動き出すための大切な雨だと思うと、心も休まります。

「かさちゃんです。」は娘が好きな絵本。

色とりどりの傘たちが雨を楽しんで空を飛び、虹に重なり、ふわふわと冒険。雨の日はいっしょにおでかけしようね、と語りかけてくるシンプルなお話です。

大人になるとどうしても、雨は面倒、晴れてよかったと言葉にしがちだと思うのですが、娘には雨も好きになってもらいたくて手にとった絵本。

娘のお気に入りになって、うれしい限りです。

空が青いのにも月がのぼるのにも雨が降るのにも理由があって、その理由だって何通りもの考え方をすることができて、感じ方も人それぞれで。

様々なことをできるだけ楽しく、解釈できるといいなあと思います。

「かさちゃんです。」を私は梅雨時期に手にとりましたが、3月のプレゼントにもよいかなあと思います。

雨の日も楽しい、と思える毎日でありますように。

【有隣堂PayPayモール店でも販売中】
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/yurindo/item/9784494007875
売り切れの際にはご容赦ください
・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------