あの本は読まれているか『あの本は読まれているか』/ラーラ・プレスコット、吉澤康子訳/創元推理文庫/1,320円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
第二次世界大戦終結後間もなく東西冷戦がはじまったころ、ソ連からアメリカへ移住したイリーナはCIAのタイピストに採用される。

だが、CIAは密かにイリーナのスパイとしての才能を見出し、父を共産主義に殺された過去を持つ彼女に特殊任務を与える。
その任務とは、ソビエトで発禁となっている小説「ドクトルジバコ」をソ連国民に普及させ、言論統制を内側から崩壊させていくというものであった。

現在の置き換えられるスパイストーリーのスリルもさることながら、登場人物たちの個性やCIAの裏側も興味深く、冷戦の悲劇は胸を打つ。

ちなみにこの「ドクトルジバコ作戦」は実際に行われた作戦である。

文学の力を武器にするということ自体、書店人としては感慨深く、深く心に残る作品となった。

【有隣堂PayPayモール店でも販売中】
売り切れの際にはご容赦ください
・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------