地図と拳『地図と拳』/小川哲/集英社/2,420円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

これは本当にフィクションなのだろうか?
オビに書いてあるコピーから引用すれば「歴史×空想小説」とのことであるが、これが著者の「空想」の産物だと言われたら、俄かに信じられないほどのリアリティがある物語だ。
満洲の東にある「李家鎮」という地方都市を舞台に、日露戦争から満洲建国、そして終戦までの半世紀を駆け抜けた男たちの群像劇。

「李家鎮」という都市からして実在しない、「空想」の産物なのだが、そこに息づく人々、そして情景がありありと浮かんでくる。

その著者の凄まじい筆致に終始圧倒されっぱなしの、読み応え抜群の1冊。


【有隣堂PayPayモール店でも販売中】
売り切れの際にはご容赦ください

・2021/3/31以前の記事……税別の商品価格
・2014/2/28以前の記事……5%税込の商品価格

を表示しています。
現在の税込価格はリンク先のHonyaClub・在庫検索などでご確認ください。
----------