過去の「本の泉」

「◆小説」の記事一覧



『累々』絶妙な人物描写に心がざわつきます。

735『累々』/松井玲奈/集英社/1,540円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「小夜」「パンちゃん」「ユイ」「ちぃ」……

まず目次に並んだ名前を見て、4人の女性の物語による連作集だと思いました。
そのイメージのまま読み進めていると、途中で裏切られることになります。
[ 続きを読む ]



『クララとお日さま』「親友」って何だろう。

006『クララとお日さま』/カズオ・イシグロ:著 土屋政雄:訳/早川書房/2,750円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

クララは人口知能を搭載したAF(人間そっくりのロボット)。
子どもたちの親友になるべく店で売られている。

[ 続きを読む ]



『掃除婦のための手引書』人間の愚かさへの愛情。

929『掃除婦のための手引書』/ルシア・ベルリン:著 岸本佐知子:訳/講談社/2,420円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

煙草をくゆらせながら、アンニュイな雰囲気を漂わせている表紙の女性のイメージがこの本をすべて体現しています。
[ 続きを読む ]



『事の次第』7つの物語がリンクする連作短編集。

事の次第『事の次第』/佐藤正午/小学館 小学館文庫/600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

2021年夏、『鳩の撃退法』映画化!
観る前(後でも)に読みたい一冊。
[ 続きを読む ]



『すべて忘れてしまうから』「人生は小説より奇なり」他人の価値観っておもしろい

560『すべて忘れてしまうから』/燃え殻/扶桑社/1,500円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

他人の人生に自分の人生を重ね合わせ、忘れていた日々にまた巡り合う。そんなとても温かい気持ちに包まれて、あっという間に読み終えてしまいました。
誰にでも起こる日々の備忘録。
[ 続きを読む ]



I☆YOKOHAMA『いつの空にも星が出ていた』

いつの空にも星が出ていた203『いつの空にも星が出ていた』/佐藤多佳子/講談社/1600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

表紙のハマスタのナイターの絵に、じーんと熱いものを感じました。
試合が進むにつれて球場が暗くなる。グランドに輝くライト。
選手達の声、ファンの声援が今にも聞こえてきそうです。
[ 続きを読む ]



『ドミノin上海』ドミノが20年ぶりに帰ってきた!

ドミノ上海『ドミノin上海』/恩田陸/KADOKAWA/1,700円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

『夜のピクニック』や『蜜蜂と遠雷』の恩田陸さんの『ドミノ』は成田線の架線に強風で飛ばされたビニール傘がひっかかったことから東京駅八重洲口に無関係の27人+1匹が集結することとなる、パニックコメディ。

今度は25人+3匹が上海でドミノに巻き込まれていく、疾風怒濤のエンターテインメント。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報