過去の「本の泉」

「◆小説」の記事一覧



『ミッドナイト・バス』もう一度人生を前に進ませよう

671『ミッドナイト・バス』/伊吹有喜/文藝春秋 文春文庫/880円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

主人公の高宮利一は、東京~新潟間を結ぶ定期高速バスの運転手。
[ 続きを読む ]



奈良天平パンデミック『火定』

084『火定』/澤田瞳子/PHP研究所/880円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

なにか知見が得られないか、心の準備のつもりか、このご時勢、パンデミックものをつい手に取ってしまう。

天平の平城京を襲った天然痘は、時の権力者であった藤原4兄弟から身寄りのない孤児たちまで容赦なく命を奪った。
物語は猛威を振るう流行り病に翻弄される複数の医療者の目線で描かれる。
その中で面白い(と言っていいのか)立ち位置に居るのが、諸男という男だ。
[ 続きを読む ]



冬の夜空を見ながら『一等星の恋』

810『一等星の恋』/中澤日菜子/小学館 小学館文庫/710円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

冬の夜空は星がとてもキレイに見えます。
そんな星・天体をテーマにした7つの短編小説集です。
同じ夜空をどこかで見ている人それぞれの時間が流れているのだろうと感じさせてくれます。
そして、このそれぞれのお話は、どれも違うテイストでありながらも優しくて少しせつなく、出会いと別れから今までより一歩進んでこの先幸せになって欲しいと願ってしまうようなお話です。
[ 続きを読む ]



あなたは騙される?『カラット探偵事務所の事件簿』

本の泉『カラット探偵事務所の事件簿』1巻/乾くるみ/PHP研究所/648円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

《あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします》

所長・古谷による、謎解き専門の探偵事務所《カラット探偵事務所》の名の由来である。
[ 続きを読む ]



『ぼくもだよ。』人は食べたものと読んだもので出来ている

ぼくもだよ『ぼくもだよ。 神楽坂の奇跡の木曜日/平岡陽明/角川春樹事務所/1,600円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

主人公のよう子が盲目の書評家という設定にまず驚きました。
小さな工夫を重ねて仕事をこなし、相棒の盲導犬アンと暮らす日常からして頭が下がります。

よう子の書評が評価され、出版社の担当者との会話から、徐々に読書に対する姿勢の基となったよう子の過去が明らかになります。
[ 続きを読む ]



『密やかな結晶』大切なものが失われてゆく世界の物語

密やか『密やかな結晶』/小川洋子/講談社 講談社文庫/820円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

その島では記憶が少しずつ消滅する。
朝が来て目を覚ますと大切な何かが消えていて、消えた何かに関するものは『記憶狩り』にすべて回収され処分してしまうけれども、住人達はゆっくりとその現実を受け入れて大切なものを失いながら生活を続けてゆく。
『小説』を生業とするわたしの前から『小説』が消える日がやってきて……
[ 続きを読む ]



第164回 直木賞 候補作リスト

2020/12/18早朝、第164回(2020年下半期)の直木賞候補作が発表されました。
とりいそぎ今回の候補となった6作品をチェックしましょう!
 
※「第164回 直木賞 大予想!」の掲載はお休みさせていただきます。

「上半期の直木賞って、どんな作品がノミネートされてたっけ?」と思われた方は、ぜひ過去の記事もあわせてご覧くださいませ。
当ブログで2011年下半期(2012年1月に受賞作発表)以降の「直木賞 大予想!」をご覧いただけます。
→ 特集|直木賞・本屋大賞


では改めて、今回の候補作のラインナップは?
有隣堂各店の在庫状況や、Web上でのご注文についてもあわせてご案内いたします。

[続きを読む]からどうぞ。

[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.