過去の「本の泉」

「◆エッセイ」の記事一覧



『海をあげる』

558『海をあげる』/上間陽子/筑摩書房/1,760円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
一言で言って、打ちのめされる本です。

沖縄で未成年の少女たちの支援、調査を続けている社会学者のエッセイで、自らの彼女に援助交際をさせて稼いでいたホストの話です。



[ 続きを読む ]



『天下一品-食いしん坊の記録』 なんだか気になる

165『天下一品-食いしん坊の記録』/小島政二郎/河出書房新社 河出文庫/760円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「向田邦子さんが選んだ食いしん坊に贈る100冊」をご存じでしょうか?
今から40年前の1981年2月、渋谷で開催された書店イベントのために、向田邦子さんが選書したリストです。
向田さんの特集本が出版されると、しばしばとりあげられ、その都度話題になります。

最近では『向田邦子の本棚』で紹介され、また、今年2021年1月、南青山で開催された向田邦子没後40年特別イベント「いま、風が吹いている」の会場内で、100冊すべての本を展示していたと耳にしました。

100冊の書名・作家名を順番にながめているだけでも、想像がふくらみ楽しいです。
たとえば、書名と書名の間に、なんとなく区切りがあるように見える。
きっと男の厨房とか同時代の編集者とか、いくつかのカテゴリーがあったのでは、と仮定してみる。
すると、会場内の様子が浮かび上がってきます。

選ばれていない本について考えるのも、おもしろいです。

気になるのが、食随筆の発展に貢献した作家、小島政二郎(こじままさじろう)氏の本があげられていないことです。[ 続きを読む ]



『夜は猫といっしょ』猫あるあるが、ぎゅっと詰まった1冊

851『夜は猫といっしょ』1巻/キュルZ/KADOKAWA/1,100円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

キュルガちゃん(この漫画に登場する猫)が生き生きと描かれていて、とにかく可愛いです!
もっちり感やどぅるん感が生々しく伝わってきます。

ごはぁ~んって言ってみと促してみると
[ 続きを読む ]



『警備員さんと猫』美術館に入りたい猫と警備員さんとの攻防!

警備員さんとねこ『警備員さんと猫』/にごたろ/KADOKAWA/1,250円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

美術館にどうしても入りたい猫とそれを阻止する警備員さんのニュースや画像をご存じですか?
その攻防が写真と漫画の本になりました。
[ 続きを読む ]



出不精作家の思い出を巡る旅『死ぬまでに行きたい海』

死ぬまでに行きたい海『死ぬまでに行きたい海』/岸本佐知子/スイッチ・パブリッシング/1,800円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

“超”どころか、“鬼”がつくほど出無精な著者による、ふと思い立って出かけた町や思い出の地をめぐるエッセイ。[ 続きを読む ]



『野武士、西へ』歩きたくなってしまいます。

422『野武士、西へ』/久住昌行/集英社 集英社文庫/700円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「本書は、東海道を踏破した男の記録である。」と書くと、壮大な本か、と思われるかもしれない。東京から大阪まで、東海道を歩き続けるなんて……どんな苦労があったのか……涙と汗の結晶のような話の連続に違いない、と思われるかもしれない。
[ 続きを読む ]



『永遠のおでかけ』いつか必ずやってくるその日

490『永遠のおでかけ』/益田ミリ/毎日新聞出版/1,300円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

親の死なんて、まだまだずっと先だと思っていたあの頃。

その日はある日突然やってくる。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報